• プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

    プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

    グラント・ベーカーはここプエルト・エスコンディードに20年余りも来ている。そしてこの日、彼のショーが始まった。巨大な波の遊技場のようなタフなコンディションの中、南アフリカのレジェンドはまるでプエルトのバレルを試験場だと言わんばかりに、この日の大半をチューブライディングに費やしていた。

  • ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

    ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

    この日のヒート4、ジェイミー・ミッチェルは少しナーバスだった。なぜなら午前9時に始まったプエルト・エスコンディド・チャレンジは1ヒート75分でミッチェルのヒート4が始まったのは12時45分のことだった。獰猛なメキシコの波はその姿を消す早さでも有名だったのだ、、、

  • メディーナついにタイトル争いに勝利

    メディーナついにタイトル争いに勝利

    遡ってみるに、ガブリエル・メディーナは確かにリオで何度か目を見張るような展開を見せていた。セミファイナルではそれを垣間見せることはなかったが。今週行われた試合をフォローしていれば、なぜツアー選手たちがフィジーの波が好きなのか理解できるだろう。一方で、このトロピカルパラダイスが膨れ上がったエゴをかき消してくれる。

  • Fiji Proに戻った波が重大な局面をもたらす

    Fiji Proに戻った波が重大な局面をもたらす

    タジ・バロウはこの日ついにその偉大なキャリアを終えた。そのレジェンドはサーフシーンにおいて最もポピュラーなヒーローだったと言えるだろう。彼は、ジョンジョン・フローレンスを倒すために全力を尽くし、それは信じられない試合展開となったが、勝利を手にすることはできなかった。しかしながら、18年のキャリアを終えたバロウは笑顔だった。

  • ロスカボスを制したブロンテ・マコーレー

    ロスカボスを制したブロンテ・マコーレー

    WSL Women’s QS6000 Los Cabos Openがついに終了した。優勝したオーストラリア出身のブロンテ・マコーレーは信じられない才能を発揮し、CT入りを目指すなか貴重な6000ポイントを得て、現在QSランキング2位につけている。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2016. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple